WEBエンジニアによるキンスレと技術系ブログ

今はまっているゲームと技術系の記事をメインに投稿を続けるブログ

ページ内リンク

【Laravel】Laravel開発環境構築とプロジェクトの新規作成方法

今回はLaravelについての環境構築とプロジェクトの新規作成方法までをまとめました。

Laravel(ララベル)とは?

LaravelとはPHPフレームワークです。
PHPフレームワークは他にも種類がありますが、現代のWEB開発のほとんどはLaravelを採用しています。
WEB開発未経験という方でも短時間でローカルの開発環境を立ち上げることが出来て、プログラム習得難易度はそこまで高くありません。
Laravel公式のトップには「ウェブ職人のためのPHPフレームワーク。」と書いていますね。

Laravel公式リンク: http://laravel.jp/

簡単な紹介も終わったところで、早速Laravelプロジェクトを作成する為の環境構築からやっていきましょう。

環境構築

Laravelのプロジェクト作成には下記の二つをインストールしないといけません。

MACの場合はPHPが元々インストールされています。
windowsの場合、インストール後、Pathを設定しないといけません。それぞれインストール後、「PHP Path」「Composer Path」と調べてください・・・

PHPのインストール

PHPのインストールは下記サイトより行います。

PHP公式:http://jp2.php.net/downloads.php

インストールが出来たかの確認は、下記のコマンドで確認できます。
バージョンが表示されていればインストール完了です。

$ php -v

Composerのインストール

Composerのインストールは下記サイトより行います。

Composer公式:https://getcomposer.org/

インストールが出来たかの確認は、下記のコマンドで確認できます。
バージョンが表示されていればインストール完了です。

$ composer --version

Laravelプロジェクトの作成

今回は作業用のディレクトリ「workspace」を作成しそこにLaravelプロジェクトのフォルダを作成します。

Laravelプロジェクトの作成は、Macは「ターミナル」Windowsは「cmd」を使用してComposerのコマンドを入力するだけです。

今回は「LaravelSampleProject」という名前のプロジェクトを作成しますが、ここはお好みで変更してください。

/workspace $composer create-project laravel/laravel LaravelSampleProject --prefer-dist

まとめ

Laravelは「PHP」と「Composer」があればプロジェクトをコマンド一つで作ってくれます。
今後私のブログではLaravel開発についての記事を上げていきますので、よろしくお願いします。